奇邑科技(Kiwi Technology)は、モノのインターネット(IoT) LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)垂直産業ソリューションを独自に開発し、屋内から屋外アプリケーションに範囲を拡大しました。 関連アプリケーション領域は、食品の安全性(HACCP)、スマート農業、スマートビル、防災などを含みます。

奇邑科技は、長年日本市場に取り組んでおります。2015年以降、IoTビジネスの機会を目指して、タイ、インドネシアなどのASEAN市場にも拡大しました。

LPWANの無線通信技術であるLoRaに基づいて、弊社の払込資本金は2億7,070万台湾ドルです。

企業顧客向けにカスタマイズされたIoTネットワーク、デバイス接続、センサーデータ送信、プラットフォームサービスを提供するために、顧客の多様性要件を満たすPaaS IoTサービスプラットフォームです。

また、奇邑科技は、独立した開発ソリューションを通じて、「エンド」・接続」・「クラウドサービス」の統合ソリューションとサービスプラットフォームを提供します。

お客様がデジタル変革のもとで「エンドツーエンド」の独立したネットワーク展開を迅速に実現できるよう支援します。

IPO市場上場については、下記のウェブサイトをご覧ください。

https://m.tpex.org.tw/web/emg/stock_detail.php?l=en-us&stk_code=6699&lp=list