2015年から、奇邑科技はIotビジネスに踏み込み、グローバル展開を加速しています。日本での成功経験を他の地域にコピーし、ASEANマーケットに参入しました。

インドネシアでP.T Abhimataと共同で設立されたIoT会社であるP.T WSPは、IoTオペレーターとしてIoTの応用範囲を拡大し続け、スマートシティ と バーティカル市場の応用の2つの市場に統合ソリューションを提供しています。

業界が変化し続けるにつれて、ニッチ市場は応用分野でもっと明確になります。 様々なバーティカル市場でより良いカスタマイズされたサービスを提供するために、奇邑科技はハードウェアに加えてソフトウェア設計とプラットフォームサービスを強化し、製品の差別化を強化しました。これが奇邑科技の製品計画と戦略です。