ニュースセンター

ニュースセンター

ニュースセンター2020-06-22T15:35:05+08:00

キーウィテクノロジー株式会社、温度センサー・ゲートウェイ・クラウドサービスがセットになったIoTパッケージ製品『Kiwi Sense the Future温度管理パッケージ』を発売

キーウィテクノロジー株式会社(本社:台湾新竹市、日本オフィス:東京都港区)は、2020年7月よりIoT温度センサー、ゲートウェイ、クラウドサービスがセットになったIoTパッケージ製品『Kiwi Sense the Future 温度管理パッケージ』の販売を開始します。

June 16th, 2020|Categories: Press Release|

IIJ、食品関連業界向けに 「IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理」を提供開始

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎)は、HACCP(ハサップ)(※)による衛生管理の義務化に伴い、食品関連事業者向けに、冷凍冷蔵庫や倉庫の温度を自動監視・管理するIoTソリューション「IIJ LoRaWAN®ソリューション for HACCP温度管理」を、2020年7月15日より提供開始いたします。

June 15th, 2020|Categories: Press Release|

LoRaWAN活用で運用コストを大幅削減、IIJが水田管理用のIoTセンサーなどを開発

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は2020年6月10日、長距離無線技術であるLoRaWANを活用したIoT(モノのインターネット)センサーなどにより、水田の水管理作業を省力化するシステムに関する実証実験の報告会をオンラインで開催した。

June 15th, 2020|Categories: Press Release|

農業の未来はIoTが支える! IIJが農業IoT実証実験の成果報告を実施

インターネットイニシアティブ(以下IIJ)と「水田水管理ICT活用コンソーシアム」は6月10日、静岡県で実施中のIoTを活用したスマート農業の実証実験について、成果報告の記者説明会を開催した。インターネットサービスプロバイダーやMVNOとしての姿が知られるIIJが、農業分野においてどのような活動を行っているのか、レポートしよう。

June 15th, 2020|Categories: Business, Press Release, Strategy|

奇邑科技(Kiwi Technolog)の屋外LoRaゲートウェイは、他社に先駆けてIoTのインドネシアSDPPI認定を取得しました

2015年から、奇邑科技はIotビジネスに踏み込み、グローバル展開を加速しています。日本での成功経験を他の地域にコピーし、ASEANマーケットに参入しました。

December 2nd, 2019|Categories: Business, Exhibition, Press Release, Strategy|

2019年台湾-フィリピン産業協力サミットおよび第25回PCBC-CPBC合同会議

奇邑科技のIoT製品とソリューションを紹介しました。会議の内容 :1.ICT産業の応用–スマートシティ2.機械工業 3.工業団地開発の経験と展望 4. イノベーションと起業家精神

November 4th, 2019|Categories: Business, Press Release, Strategy|

Kiwi IPO –台湾初のIoT会社およびIPO市場上場の会社

奇邑科技(Kiwi Technology)は、モノのインターネット(IoT) LPWAN(低電力ワイドエリアネットワーク)垂直産業ソリューションを独自に開発し、屋内から屋外アプリケーションに範囲を拡大しました。 関連アプリケーション領域は、食品の安全性(HACCP)、スマート農業、スマートビル、防災などを含みます。

October 14th, 2019|Categories: Business, Press Release, Strategy|