災害検知

自然災害の多発性と高リスクの課題に鑑み、モニタリングの自動化、防災情報ビッグデータの統合、クラウドの分析、IoTネットワークによるモニタリング、低消耗電力・長距離転送技術のスマート災害検知サービスにより、政府と企業と民衆は 災害リスクについての交流及びリスク管理が可能になり、民衆の生命財產や企業の経済的損失減少に役立つ。

スマート防災・警告モニタリングと管理

  • 地滑り、河川の水位をリアルタイムにモニタリング
  • システムに「リモートモニタリング」と「自動アップロード」と「即時反応」の3つの機能がある

斜面地モニタリングサービス

データを山斜面の地滑りセンサーからクラウドプラットフォームへアップロードすることで、大規模のデータの即時的な収集・判断・警告・保存を完成させる。

河川の水位のモニタリング

データをレーダー波センサーからクラウドプラットフォームへアップロードすることで、大規模のデータの即時的な収集・判断・警告・保存を完成させる。

安全の音声通信

緊急音声通信システムは、ポイントツーポイントまたは基地局を通じて音声の転送や地理位置を発信するので、災害時のベストな緊急連絡方法として使える。

常時パトロール 人的資源の最適化

リアルタイム警告

モニタリングデータがリスク警告の閾値を超えると、プラットフォーム警告やメール発信、スマホアプリの通知でリアルタイムに各関係者に通知する。