スマート農業

スマート農業は、センサーのリアルタイムモニタリングに基づいて、データの収集・分析及びバックグラウンド管理により、農業の人手不足を解消し、耐災害性を向上させ、農業生産の大規模化・自動化・工業化への産業アップに役立つ

スマート農業のIoTネットワークのプラットフォームからリアルタイムに収集した温度や湿度、照度、光量子、気体濃度、水位の高さ、土壌の湿度などのデータにより、農メーカーがモニタリングデータで環境を分析し、需要に応じて各制御設備を利用して、温度調整・照度調整・換気などの動作を行い、農業の生長環境に対する知的制御を実現し、農作物の品質を確保する。

スマート農業モニタリング・管理

  • 環境温度・湿度、二酸化炭素、土壌温度をリアルタイムにモニタリング
  • システムに「リモートモニタリング」と「自動アップロード」と「即時反応」の3つの機能がある

クラウドプラットフォームサービス

データを農業用センサーからクラウドプラットフォームへアップロードし、大規模のデータの保存・分析を速やかで安全に完成し、農場全域の栽培環境をモニタリングすることで、大規模栽培の環境条件の不均一性を解決し、コストを節約する。

データレポートの分析

履歴データの比較と分析により、データはバンド図や円グラフなどで可視化に表示され、データのサイクルが一目で分かる。

リアルタイム警告

モニタリングデータがリスク警告の閾値を超えると、プラットフォーム警告やメール発信、スマホアプリの通知でリアルタイムに各関係者に通知する。